本文へスキップ

Museo Storico Alfa Romeo(アルファロメオ博物館)


訪伊する際はローマよりもミラノからが安くマルペンサからだと
ほぼ必ずこのアルファロメオ博物館の前を通過するのでイタリアを
訪れた人は見た事あると思います。

到着早々かなり感慨深いです・・・・。


残念ながらちょっと行き難いので計画中の方は参考に。
展示車両は少ないですがミラノまで来たら是非ミラノ・ラ・ボンバと
言われるミラノ市の紋章がロゴのアルファロメオの博物館を訪問して下さい。

まずこのダビンチ像から歩いてドォーモまで行きました。

途中でフェラーリショップがあります。
ちらっとF2012が見えます。2014年から2年以上置きっぱなし。


ミラノと言えばドォーモでしょう。

サンカルロチップスのパッケにもあります。

ミラノは他に見る所ないので大概どこの旅行ツアーでも
このドォーモ周辺で自由行動に成ります。

同じ場所で振り返ります。

クレーン車の脇がタクシー乗り場。

ここからタクシーで博物館まで30分。市内を出るのに20分。高速乗ったらすぐなので中心部から
タクシーに乗らない方がよいです。40ユーロ(36ユーロでしたが珍しくメーター
細工しないし遠回りもしなったのでおつりは良いよって言ったらスゴク喜ばれた)。

博物館からタクシーを呼んで貰ったら来た時メーターは27ユーロでした。
そこからマルペンサ空港まで10分。(速すぎ)アリタリアは第一ターミナルなので
「マルペンサ。ターミナルワン」で通じました。
27ユーロにプラスして合計90ユーロ。規定料金が適用される区間ですが最初に
確認しなかった。90ユーロ以下って事は無い感じなので
「市内からでしょ?マルペンサまでは90ユーロって決まっているよね?」って
言った方が良いです。

タクシーのチップは2ユーロで充分。でも遠回りされたらチップ払いません。

話戻って到着。解らなかったのかゲートで
「アルファロメオミューゼオ?」って運転手さん聞いていました。


駐車場広いです。なんと茂木と同じく高校生の遠足と一緒に
成ってしまいました。

トイレ混んでいましたが男の子たち(子って言っても18歳くらいの子なので
180センチで海外ドラマの主人公みたい)がトイレ先に良いですよって紳士的。
女子トイレも混んでいましたが同じように女の子たちが先にどうぞって言って
くれてとても親切でした。


チケットカウンターに並びながら。
「カムユーフロム?」何処から来たって聞かれて日本って言ったら書いていたので
訪問者記録しているのでしょう。

ゴミ箱もカッコいい。


入ってすぐベルガーも乗ったアルファのF3。























そしてアルファロメオカフェ。



エンブレムは解りますが4Cのフロントまで壁に掛かっています。




水1.5ユーロ。コーラ3.5ユーロ。マルゲリータ(ピザパン)5ユーロ。
ゆっくり休めるので最後はぜひカフェで。

入り口脇にお土産コーナーがあります。
ミニカーの値段は日本と殆ど同じ値段です。


飛行機の都合で1時間の滞在。





Order in Europe.
http://minif1.fr/boutique/

foreign order
http://www.hlj.com/

ヤフオクにも出品中






































通信販売はこちら
ショッピングカート



従来通りの
メールによる注文はこちら。






ご質問は下記アドレスに。



商品についての質問